むち打ち肩こり腰痛なら愛媛県,松山市の【いして整骨院】

セブンスター石手店内の便利な整骨院!
  • ~お体の悩み事の電話相談無料、土曜日、日曜日も施術,夜7時30分まで受付してます~  整骨院と整形外科の施術の違い
     

整骨院と整形外科の治療のちがいとは

 
自分にあった治療法が快癒の早道です人間本来の治癒力をいかした治療なら整骨院へ
 

 
 みなさんが肩こり、腰痛の治療のために医療機関にかかりますが、その治療院はどのようなものがあるのでしょう。肩こり、腰痛、神経痛の治療や交通事故の後遺症の治療のために、接骨院などの治療機関がある一方、整形外科などの医療機関、さらに整体院やカイロプラクティックの院もあります。
 
では、その違いは何かと言うと治療には観血法と非観血法があります。観血法は総合病院や整形外科が行なう外科的な療法であり、レントゲンやMRIをもちいて画像を分析し、腰痛やむち打ちなどの原因をさぐって行きます。
 
原因が分かれば薬物によるものや物理的な手術を行なう事によって、症状の快癒をめざすわけで、これは西洋の医学に基づくものです。そして、薬物治療や手術などを行います。医師法にもとづいて総合病院や整形外科のみが行なえる治療です。
 
一方、の非観血法は接骨院で、東洋医学にもとづいた治療法です。これは人間に本来そなわっている自然な治癒力をひきだして治すという方法になります。その手順としては問診で患者の悩み事などのお話を聞いてから、その患者の身体のあらゆる部分を診てゆきます。
 
これを切診といいます。
 
その切診したデータにもとづいて、患者の一人一人の生活習慣や体質をさらにくわしく診て行きます。それからその患者にあった施術を行なってゆきますが、それには手技治療や電気療法、物理療法などがあります。
 
接骨院、鍼灸整骨院の施術は整体院やカイロプラクティックなどの治療院と違い、国家試験によって柔道整復師の資格を得ているので安心して施術を受けられます。
 
むち打ち症に関して言えば、レントゲンやMRIでは見つからず「結局なんでもありません。」という診断結果がくだされることもしばしばあるようです。しかも、むち打ち症ははっきりとした症状や病変が不明なことも多い病気です。
 
整形外科でも症状が同じであれば、同じ治療を行いますが前述のように治療法の思想に根本的な違いがあります。できれば手術や薬物を使用しないで、人間の自然な治癒力で症状の回復を願う人も増えてきている傾向があります。
 
鍼灸整骨院はどうか
 
一方、整骨院や接骨院とならんで鍼灸整骨院があります。こちらは名前の通り鍼による施術を行なう院ですが、人によってはこの鍼や灸による鍼灸で効果をあげる患者もいます。
 
身体に鍼を刺したり、灸をすえたりするのに心理的な抵抗を感じる方も少なくありません。
 
交通事故治療に鍼や灸?という疑問をもたれる方も多いのですが、交通事故の治療だからといって整形外科や整骨、接骨、整体、カイロプラクティックの施術院しかないというのは早計です。
 
交通事故の後遺症であるむち打ち症や腰痛、肩こりなど痛みの緩和はもちろん、通常の筋肉痛や神経痛、頭痛、めまいなどの症状が鍼灸治療で快癒したという例も。実際、つらい圧迫痛が鍼灸師の鍼ともぐさによるツボ治療でかなり症状が改善したというケースがあります。
 
この療法は交通事故治療にかぎらず、ツボ触診による鍼灸によるツボ治療は有効ですべての病気に有効であると言えるのです。交通事故治療の場合、鍼灸治療に対しても自動車損害賠償保険が適用されて、保険会社の同意によって鍼灸治療の自己負担はゼロになります。
 
漢方によるむち打ち症の治療
 
上記の整骨院、鍼灸整骨院とならんでむち打ち症の症状の改善に効果をもたらすとされる方法が漢方薬です。しかしながら、この漢方薬による方法は即効性は期待できず、長期的な視野でのぞむことが大切です。
 
漢方薬といってもご存知のようにその種類は多種にわたり、どれをどのように処方し服用すればわかりません。したがって、むち打ち症の症状の種類によってその処方をしてもらうには、漢方薬の専門家に委ねることが必要です。
 
一例をあげると、風邪に効果的だと言われている桂枝湯(しけいとう)は頸椎捻挫であるむち打ち症に効果があります。またむち打ち症の停滞期に効果的な漢方薬や、葛根湯もむち打ち症からの頭痛などに効果があると言われています。
 
いかがですか、日頃の身体の痛みや交通事故の後遺症の治療にはこれといった決め手がみつからないことが多いですが、自分にあった治療法を選ぶことが、痛みの快癒の早道であるということがご理解いただけたでしょうか。